洗顔フォームと洗顔石鹸の違いとは?

顔を洗う時には、水やぬるま湯だけでなく洗顔料を使うことが多いです。
その洗顔料には、さまざまな種類がありますが、大きく分けて洗顔フォームと洗顔石鹸とに分けられます。
普段何気なく使っている洗顔料ですが、洗顔フォームと洗顔石鹸との違いについてはあまり知られていないようです。
石鹸というと固形のものを思い浮かべる人も多いので、形状の違いと思われがちですが、必ずしもそうではありません。
例えば、手を洗う時に使う液体石鹸などは、固形ではなくても石鹸と言われていることがよくあります。
このように形状による区別ではなく、それぞれに含まれている成分に大きな違いがあることが理由になっています。
洗顔フォームの場合、石鹸本来の天然成分ではなく、界面活性剤や香料など様々なものが混ぜられてできているものが多いです。
そのため、固形タイプよりもチューブに入っていたりするクリームタイプのものが一般的になっています。
無添加と書かれていても、洗浄成分以外は無添加という場合もあり、洗浄成分としての添加物が含まれていることもあります。
完全無添加のものを選ぶとなると、天然成分のみで作られた石鹸を選んだほうが確実なこともあります。
それに比べて洗顔石鹸は、石鹸本来の天然成分で作られているものも多く、肌により優しいと言われています。
洗顔石鹸でも洗浄成分が天然成分でも、それ以外に香料などが含まれている場合があるので、気を付ける必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加