固形の純石鹸が肌に良い理由

洗顔はスキンケアの基本になるものです。メイクや皮脂汚れをしっかりと落とすことによって肌のターンオーバーを正常な状態に戻し、化粧水を浸透しやすくさせ、皮脂や汚れがもとで起こるニキビなどの肌トラブル防止をすることが出来ます。すべてのスキンケアのベースになる洗顔の効果を高めるために、固形の純石鹸を使った洗顔石鹸を使いましょう。
洗顔フォームと洗顔石鹸の違いは、配合されている成分です。洗顔フォームには合成界面活性剤が使われていることが多いのですが、人工的に合成された強力な洗浄剤ゆえに肌の水分や油分を落とし過ぎてしまいます。
純石鹸というのは脂肪酸ナトリウムと脂肪酸カリウムが98%以上のものを指します。純石鹸は天然の成分から構成され、石鹸としての洗浄作用も天然のものですから落とすのは汚れだけです。合成界面活性剤を使用していないので皮脂を落とし過ぎることもなく、肌に良い働きをするのです。石鹸で肌を洗った時につっぱるような感じがしますが、それは洗顔で失われた油分を取り戻そうと肌が頑張って皮脂を出そうとしているから。加えて、ナトリウムやカリウムは弱アルカリ性の性質を持っており、石鹸で洗顔をするとこのアルカリ性の薄い膜が張られます。本来弱酸性である肌は元の状態に戻そうと働き始めるのですが、そうして肌が活性化された状態を引き起こすことが出来ます。
純石鹸の洗顔石鹸は適度な皮脂を肌に残しながら汚れだけを落とし、肌が本来持っている自浄作用を引き出すことが出来ます。肌に良いだけでなく天然由来の成分なので環境にも優しく、フォームタイプに比べて長持ちし、シンプルなぶん値段も安いことが多いのも洗顔石鹸を使う大きなメリットですね。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

  • このエントリーをはてなブックマークに追加